キッチンの悪臭防止法

キッチンで魚を調理すれば当然その臭いがキッチンに充満します。
揚げものをしても、ハンバーグを焼いても食材の加熱臭があります。
何もしなくても、そこにあるというだけで臭う食材があります。
魚、にんにく、玉ねぎなどはそのものが臭うのです。
また、カレーなども臭います。
これらは、それ単体なら、いい臭いのものも多いのですが混ざり合うと悪臭になってしまいます。
また、生ごみの臭いはそれ自体とても嫌な臭いです。


これらの臭いはすべて、何らかの物質が空気中に発散した結果です。
臭いには敏感な人と比較的鈍感な人がいて、敏感な人は少しの異臭でも感じ取ってしまい時には気分が悪くなるという人もいます。
自分のキッチンの臭いに気が付いている場合はいいのですが、ほとんどの人は自分のキッチンに染み付いた臭いには鈍感になっています。
臭いは慣れてしまうと感じなくなることが多いのです。


もし、自分では何の臭いもしないと思っているキッチンをお客さんが臭いと感じていたらとても恥ずかしいことです。
調理中や調理直後なら調理臭がしても当然ですからお客さんも納得します。
しかし、台所に染み付いた臭いだったり、生ごみの臭いだったりしたら、何となく不潔な気がしてしまいます。
出されたお茶や料理、食器なども不潔なのではないかと憶測してしまうのです。
キッチンに臭いを染みこませないためには、生ゴミを臭わないようにするためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか?


<PICK UP>
食器を不潔な状態にさせないためにも利用すると便利な食洗機の通販サイトです => 食洗機

Copyright © 2014 キッチンの臭いを抑えるには? All Rights Reserved.